男女

土地を購入して理想のマイホームづくりをしよう

新築一戸建ての建築

男性

一戸建てが建つまで

杉並区で新しい一戸建てを建てる場合は、杉並区に土地が必要になります。杉並区といっても広く、場所によって地価が安いところもあれば高いところもあります。杉並区の不動産会社を中心に、沢山の住宅用の土地が販売されていますので、普段から相場を調べておくことをお勧めします。だいたいの土地の価格相場をチェックしてから、具体的なマイホーム購入の資金プランを立てます。一戸建て建築の際には、住宅を建てるための土地の購入費用と、住宅の建築費用が必要になります。さらに税金や引っ越し費用なども考え、余裕を持った資金プランを立てることが大切です。土地自体が気に入っても希望の一戸建てが建築できるかどうかはわからないので、敷地調査をする必要があります。また、地震に強い土地かどうか調べるためにするのが地盤調査です。もし地盤調査で問題があるようなら地盤改良工事をする必要があります。すべての問題がクリアしたら、不動産会社で土地の売買契約を交わします。そうすることで杉並区の土地の所有者になれます。その後、敷地調査をしてくれたハウスメーカーや工務店と工事請負契約を結び、一戸建てを建ててもらいます。一戸建てを建築中には、2回〜3回くらいに分けて工事費を支払うのが一般的です。通常、住宅ローンの審査は、工事請負契約を結ぶ前にしておきます。資金が足りない場合はつなぎ融資を申し込めば、工事中の費用の支払いも借入金で賄うことができます。

戸建てのための敷地選び

杉並区での、戸建て建築の土地選びでは、まず駅からの徒歩での時間をはかり、アクセスを確かめましょう。また、太陽高度の低い冬でも、周囲の建物に邪魔されず日当たりが十分享受できる土地であるかも、チェックが必要です。商業施設や病院、教育施設など、それぞれの家族に必要な施設が近くにあることも大切と言えます。

城西の人気の区に住まう

城西の人気の区である杉並区で土地を探す際には沿線ごとの特徴をつかむことが重要です。大規模商業圏とアクセスを重視するのであればJR中央線沿線ですし、閑静な住環境を求めるのであれば京王井の頭線沿線がお勧めです。比較的地価が安いエリアであれば西武新宿線も狙い目となります。

マンションよりも戸建

杉並区は区内を走る沿線によって土地の相場が変わってきますが、いずれも低層の住宅地が広がっており、戸建に住むのに向いたエリアです。資産価値や都心へのアクセスにも優れており、資産価値の観点からも狙い目といえるでしょう。